2015年04月23日

日本とヨーロッパでは 【企業の平均寿命は12.5年】 人生より短い!

life-400x300.jpg

一般的に、企業の寿命はいったいどれくらいあるでしょうか?

その答えは、失望するほど短いものでした。

書籍『企業生命力』で示された調査結果によると、1970年の総収入などに基づく全米上位500社のうち、実に3分の1もの企業が1983年までに倒産、解散、あるいは、他社に合併された状態になっていたことがわかりました。

多国籍企業、大企業の場合、平均寿命は40年ほど、さらに中小企業の場合は10年ほどでしかないというのです。

新興企業の4割近くが 10年ももたない ことがわかりました。

日本では奈良時代からある企業の存在が知られ、江戸時代からある企業も多くあります。
また、ヨーロッパでも同様です。

それでも全体として見ると、日本とヨーロッパの企業の平均寿命は12.5年ほど だそうです。
会社の寿命は、多く人にとっての平均余命よりも短いのです。

たとえば、75歳、あるいは80歳生きる人は、その一生のあいだに、平均で、大企業が2つ潰れると考えると企業の寿命の短さを実感いただけるでしょう。

それにしても、なぜ多くの企業の寿命はそんなに短いのでしょうか?

シェルの元戦略担当副社長で現在SoL UK(組織開発協会英国コミュニティ)の顧問を務めるアリー・デ・グースは、前述の『企業生命力』の中で、企業を経済の主体として考えたとき、利益の最大化、効率化を図って株主にリターンをだそうとする考え方は、企業が永く続くことと相反している場合が往々にしてあると述べています。

言い換えれば、効率を追求すれば追求するほど、企業の寿命は短くなる傾向があるというのです。

参考までに、株主は投資先を流動的に変えることが最善と考える一般則があるので、投資している企業に永く続いてほしいというこだわりは持たないことが普通です。
その流動性は、1940−1975年には株式の平均保有期間が約7年でしたが、2007年までには7ヶ月まで短くなり、さらに今日ではコンピューター制御の発注によってミクロ秒単位で動くので、平均は分単位ではないかとも言われてます。

企業が寿命を犠牲にしてでも効率化だけを狙うべきか、ほどほどの効率でも永続すべきかは、誰の視点で見るかによって変わるでしょう。

投資家なのか、それとも顧客や社員や取引先や地元地域なのか。
投資家でも、年金など長期に安定したリターンを出したい投資家なのか、市場が荒れているときにこそ利益を狙いやすい投機的な投資家なのか、などです。

逆に、長寿命の企業、特にその規模が大きいにもかかわらず永く操業し続けている企業の特徴として、以下の4つのポイントを挙げています。

1.環境と調和して適応すること。
2.強いアイデンティティ・独自性をもっているということ。特に、何らかの環境変化が起きた際に強い団結力を示すこと。
3.意思決定が現場で分散してなされることに対して、中央が寛容であること。これは2つ目のアイデンティティと深く関わります。アイデンティティも独自性もない中で、各々のプレイヤーが勝手に動くと混乱状態に陥るからです。一方、共通のアイデンティティがあれば、各々が分散しながらも全体最適に向けて動きやすくなります。
4.余裕やあそびを常にもっていること。アリー・デ・グースは例として資金を挙げ、長寿企業は大きな借金はけして抱えない一方で、事業機会が生じた際には機動的に投入できるように潤沢な手元資金を保有していることを指摘します。逆に借金ばかりしている企業は、本当に資金が必要なときに限ってそれ以上借りることができなかったりします。

以上の、「環境に適応する」「アイデンティティがしっかりある」「分散型の意思決定ができるような寛容さをもつ」「余裕、あそびを常にもっている」といった特徴を持つ企業は永く続く企業です。

一方、利益や効率の最大化を図ることに焦点をあてる企業ほど、寿命が短い傾向にあることが、調査の結果わかったことでした。

posted by セブンプラスマン at 18:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 起業に役立つ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月15日

起業に必要な優先事項を決める【重要度】の考え方

起業に必要な優先事項を決める【重要度】の考え方

今回は、あなたの頭の中を整理する 【 重要度 】 を優先する考え方について考えていきましょう。

緊急中毒 ( 緊急事項を探し出し、常に緊急事項を探し出すようになること ) にならないために、どういった活動にフォーカスすればよいのでしょうか。

その答えは 【 時間管理のマトリックス 】 にあります。

Matrix 起業に必要な優先事項を決める【重要度】の考え方
このマトリックスは、事項を 【 緊急度 】  【 重要度 】 で切り分け、四つの領域に切り分けています。

典型的な【 緊急中毒者 】 は、第T領域 と 第V領域 にばかりフォーカスしてしまっている場合が多いのです。

例えば・・・

 緊急緊急ではない

第 1 領域

  • 危機や災害、事故、病気
  • 締め切り直前のタスク
  • クレームへの対応
  • 自分がファシリテートする会議のとりまとめ

第 2 領域

  • 人間関係作り
  • 予防行為
  • 最新再生(自分を磨くこと)
  • 準備や計画
  • 適度な息抜き





第 3 領域

  • 無意味な電話やメールへの対応
  • 突然の来訪
  • 多くの会議
  • 無意味な接待や付き合い
  • 多くの報告書

第 4 領域

  • 暇つぶし
  • 長時間、必要以上の息抜き
  • だらだらとした電話
  • 世間話
  • その他無意味な活動

このマトリックスにしたがって私たちの活動を見てみると、普段の活動・行動がいかに緊急という基準で行動しているかがわかると思います。

しかし、私たちにとって本当に重要な活動は、「 緊急ではないが重要な 」 第U領域活動 にあります。

少し考えればわかることですが、
第T領域にある 【 締め切り直前のタスク 】 といった活動は、第U領域の 【 周到な準備と計画 】を怠った結果であると言えます。

つまり第U領域へのフォーカスが、第U領域の事項を減らすことに繋がるということができます。

有名な博士の言葉を借りれば、「 第T領域へ時間を割くことは避けられないが、第U領域へ時間を割くことによって減らすことはできる 」 のです。

『 緊急事項 』 は、私たちにいつ何時も向こうからやってきます。
例えばオフィスに鳴り響く電話や、飛び込み営業マンへの対処、やっと仕事ができるとPCに向かったら、宅配便が届きます。
入り口へ向かい、サインをしなければなりません。

しかし困ったことに大きな目標のための行動や、ボランティア活動への参加、自分を鍛えるためにジムへ通うといった 『 緊急ではないが重要な事項 』 は我々に働きかけてきません。

ある著名人が、シティバンクの社員に対し研修していたとき、彼らが 「 本を読む 」 ことを 「 重要事項 」 だと知りながら実行しないことを知り、理由を尋ねたそうです。
長い沈黙のあと、ひとりが答えました。 「 本は私たちに 『 読みなさい 』 といってこないからです 」

091 起業に必要な優先事項を決める【重要度】の考え方

下記の話は、その有名な博士が研修で体験した実話です。

あるショッピングセンターを研修していたときのこと、課題は満場一致で 「 テナントの店長たちと人間関係を築くこと 」 であった。この活動はお分かりの通り 第U領域
しかし彼らは電話や会議、雑事といった 第一領域 と 第V領域 に振り回されていた。

そこで彼らは自己リーダーシップを発揮し、今までの4倍の時間 ( =勤務時間の20% ) をテナントの店長・スタッフとの関係作りに時間を割くことを決意!

そして 1年半の歳月をかけて、実現した。

効果は劇的な、興味深いものとなった。
売り上げは急増、彼らはテナントの店長たちにとって良い聞き手となり、トレーナーになりコンサルタントになったのだ。
ショッピングセンター側もテナントの売上が急増し、テナント希望者の増加に対して大きな満足を得ることが出来た。

皆さんはいかがでしょうか?

第U領域 に時間を割くことは出来ていますか?

022 起業に必要な優先事項を決める【重要度】の考え方

この考え方は、あなたが本当に重要としている事項の 優先順位を決める 大きな手助けになることでしょう

あなたにとっての 第U領域活動 をしっかり考えてみましょう。

The following two tabs change content below.
1x1.trans 起業に必要な優先事項を決める【重要度】の考え方
株式会社セブンプラス代表取締役 1980年東京都生まれ。 幼い頃からボーイスカウトと水泳で育ったアウトドア大好き少年は、遊びのアスリートを目指しカメラマン、店舗内装、広告業、WEB制作業を経て、海の家や飲食店などの経営や海外就労を経験。 さらにその後、営業の原点を学ぶべく株式会社光通信を経て、独立願望の強い仲間を率いて株式会社セブンプラスを設立。 趣味は、スキューバダイビング、アウトドア、海外旅行、アイデア発案。 特技は、アクセサリー作り、DIY、プランニング、英会話。
よかったら 『いいね』 お願いします(^^)
posted by セブンプラスマン at 00:19| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 起業に役立つ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月09日

精神的に強くなることは、社会に出る(起業)準備に欠かせない!

精神的に強くなることは、社会に出る(起業)準備に欠かせない!

起業したあとから 精神的に強くなろうとしても 遅いです。

経験しながら強くなる! 経営しながら成長していく!  たしかに これでも、良いです。
それこそ、起業時から体力(資金力)が備わっている会社なら、長く耐えられます。

しかし、
自己資金や融資などの限りある資金の中での経営では、事業が成長しない限り経営自体が崩れてしまいます。。。

精神的な揺さぶりは、事業自体の成長に大きな影響を及ぼします。

起業後、あなたに吹く社会の風は厳しいですから、起業前から精神的に強くなる準備が必要です!

したがって、後からでは遅いのです。
精神的に強くなる一番の秘訣は、単純です!!  物事の考え方!  それだけです。

下記の7つの考え方で、かなり変わってくるので、ぜひ参考にしてみてください!

1.100%じゃなくてもいい!
この世の中に完璧な人間などは存在しません。
ですので、仕事や勉強・私生活など、100%完璧にこなす必要は全くありません。
ほぼ全ての人が100%きちんと実行することは不可能です。
もし、あなたが自分自身を自己採点した結果が、実行率や達成率が50%だとしたら、10%アップの60%位を目指していくだけでも心が軽くなるはずです。
まずは、100%ではなく自分にとって、プラス10%くらい上を目指す事から始めてみるといいでしょう。

2.成功したことをこまめに記録する
どんなに小さなことでも、成功したこと記録していきます。
ノートでもメモ帳でも携帯電話でも何でも良いので、どんどん記録していきます。
ある程度、「成功したこと」が増えてきたら自然と自身が付いているはずです。
精神的に「自分は弱い」と感じる原因は自身があまり持てていないからです。
小さなことから、徐々に自身をつけていくようにしましょう。

3.ネガティブワードをなるべく言わない
ネガティブなことを頻繁に言う人は、精神的にも、もろくなりがちになります。
反対にポジティブワードをよく口にする人は、思考もポジティブである場合が多い物です。
ネガティブワードは控えて、ポジティブで明るい言葉を使うようにしてみましょう。
自己暗示もある意味、自分コントロールですからね。

4.自分を他人と比較しない
自分と他人を比較して、「自分はあいつより出来ない」と思ってしまうとどうしても、精神的に落ち込んだり、ふさぎ込んでしまいます。
もちろん、他人と自分の能力を比較するのは決して悪いことではありませんが、過度に比較しすぎるのも問題です。
自分は他人とは違うという、ある程度の割り切りは必要です。

5.口癖は「これから上手くいく」
もし、何か失敗してしまったりしても「これからは上手くいく」と自分に言い聞かせるようにしましょう。
もちろん、失敗したことを反省することは大事ですし、やるべきです。
ただ、反省ばかりして次に活かせなかったら何の意味もありません。
そこで、失敗を次に活かすために「これからは上手くいく」という考え方を持ちます。
最初は考え方を頭に定着させるのは難しいと思うので、口癖のように声に出して言うようにしましょう。

6.自分で自分を励ます
自分で自分を励ますというのは、一見バカバカしいと思うかもしれませんが、非常に効果的な方法です。
何か落ち込むことがあったら、鏡に向かって自分自身を励ましてみましょう。
自分を許すことこそが、一番精神的にも強くなる秘訣です。

7.明るい人と一緒に過ごす
自分の気分がどうしても暗くなりやすいなら、あえて明るい人と一緒に過ごすようにしましょう。
明るくて活発な人と一緒に過ごしていたら、自然とあなたも気分が前向きになるはずです。
また、明るい人の多くは悪口や陰口などのネガティブワードは口から出づらいので、あなたの気分が沈んでしまうことはあまりないといえます。
明るい人と一緒にすごすようにすれば、精神的にも段々タフになってくるかもしれません。

厳しい言い方かもしれませんが、経営の妨げになる壁は、今後起業するあなたに幾度となく攻めてきます。
が、いちいち精神的に落ち込んでいる時間は残念ながらありません。

考え方で全ては変わってくる!  これだけは自信を持って言えます。 ぜひ参考に・・


The following two tabs change content below.
1x1.trans 精神的に強くなることは、社会に出る(起業)準備に欠かせない!
株式会社セブンプラス代表取締役 1980年東京都生まれ。 幼い頃からボーイスカウトと水泳で育ったアウトドア大好き少年は、遊びのアスリートを目指しカメラマン、店舗内装、広告業、WEB制作業を経て、海の家や飲食店などの経営や海外就労を経験。 さらにその後、営業の原点を学ぶべく株式会社光通信を経て、独立願望の強い仲間を率いて株式会社セブンプラスを設立。 趣味は、スキューバダイビング、アウトドア、海外旅行、アイデア発案。 特技は、アクセサリー作り、DIY、プランニング、英会話。
よかったら 『いいね』 お願いします(^^)
posted by セブンプラスマン at 13:08| 東京 ☀| Comment(0) | 起業に役立つ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。